あなたの手汗のレベルはどのくらい?

手汗、手掌多汗症において、
手汗のかきかた、出方・量は個人差があります。
手のひらをよく見ると、手のひらの汗腺から、きらきらと光っている状態の人から
あきらかに濡れているのがわかるくらいの人、
さらにはポタポタと垂れるほどの人まで、
症状は様々ですが
いずれにしても、その不快感とストレスは同じですね。

 

しかし、そのレベル(グレード)によって、
対処・対策方法も変わってきますので、
ご自身の手汗のレベルを知っておきましょう。

3段階の手汗レベル

 

まず、手汗(手掌多汗症)にのレベルには、
一般的に3段階に分けて考えられています。
医療機関でも、このレベルを診断してもらえるでしょうが
一番汗をかくタイミングなんてのはご自身が一番わかっているわけで、
その状況を下記、各レベルに照らし合わせるだけで大丈夫です。

 

レベル1
手のひらが湿っている、またはよく見るとキラキラと汗腺から光る手汗がわかる

 

レベル2
手のひらがあきらかに手汗で濡れている。タオルやハンカチで拭いてもずっと手汗が出ているので、
タオルなどを手放せない。

 

レベル3
手のひらから手汗がしたたりおちるほど。

 

と、おおまかに言えば、
この3つのレベルで判断するのがスタンダードとなっています。
だいたいどれかに当てはまるでしょう。

 

このレベルを参考に、対処・対策・治療法なども変わってきますので、
覚えておいてください。

 

ページの先頭へ戻る